肥料・農薬について

肥料・農薬について

・肥料について

 

kumaFARMでは化学肥料は一切使用しません。
有機肥料もたくさんは使用しません。

 

基本的には「草」を活かすことで
有機物を供給してくれる生き物を増やし
肥料の投入がなくても野菜が育つ環境を作っていきます。

 

畑の場所や野菜によっては
今ある土の養分ではたりない場合もあります。
そんな時には、米ぬか・なたね油カス・発酵鶏糞などの有機肥料を
少量使用することもあります。

 

収穫したあとの野菜クズや
家庭で出た生ごみはそのまま畑に戻しています。

 

夏は数日で分解され枯れて土に戻っていきます。
冬は分解が遅いので畑のすみで
枯れ草や土を軽く被せ分解させてから畑に戻します。

 

大量に投入された肥料分が野菜の中に毒素として残ったり
土に残った分解しきれない肥料で起こる土壌汚染や
それが河川に流れ出すことのないように考えています。

 
 

IMGP8070

 
 
 

・農薬について

 

農薬の使用もしません。

 

どのように虫の害を防ぐか?

 

草が生え、自然のバランスがとれてくると
ある種の虫だけが大量に発生することはなくなってきます。

 

虫は虫や動物が食べてくれます。
バランスがとれていない時には一時野菜を食べる虫が発生することもあります。
そんな時は手でつぶします。

 

それでも時間の経過と共に
バランスがとられ虫の被害もなくなってきます。

 

虫の亡骸や排泄物も有機物として土に還っていきます。
化学物質を使用して大量に命を断つことはしません。

 

育苗中や生育初期、厳冬期には
不織布や育苗用の小型ハウスを使用する場合もあります。

 

あくまでも環境に負荷をかけない方法を第一に考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です